北宇和高校日記

サッカー部 練習試合

令和4年5月22日(日) 会場:大洲農業高校G  相手:大洲農業高校

 本日は大洲にて大洲農業高校と練習試合を行いました。合計3本のミニゲームを行いました。ゲームを通して

自分たちの出来ている部分と、出来ていない部分、足りない所がよくわかる内容でした。今日の反省を次回に活

かせるように今後の練習に取り組みたいです。

サッカー部 練習試合

令和4年5月21日(土) 会場:北宇和高校G  相手:宇和島市立城東中学校・八幡浜市立八代中学校

 今日は、本校を会場に中学校が2校来ました。それぞれとミニゲームを2本ずつ、計4本のゲームを行いました。

どちらも基本的な技術がしっかりしていて対戦してみて勉強になる部分がたくさんありました。

 明日は大洲農業高校と練習試合なので、久しぶりの練習試合ができて良い練習になりました。

生産食品科の風景

1年生「農業と環境」の授業では、野菜栽培を通して農業の基本的な知識と技術を習得することを目標に授業しています。

今日の授業では、

ピーマンの誘因と支柱立て

 

サツマイモ定植用の畝立てとマルチ張り

  

灌水チューブの取り付けを行いまいした。

 

懸命に取り組む姿がとても印象的でした。細かく大変な作業もありますが、懸命に取り組んだ分、収穫した時の喜びや食べた時の味はこれまでと違ったものになるのではないでしょうか。

これから暑くなり実習も辛くなってきますが、みんなで協力して頑張っていきましょう!!

 

生産食品科の風景

3年生「課題研究」・「総合実習」の時間を利用して、商品開発班では地域の魅力を利用した新たな商品開発に取り組んでいます。

本日の授業では、地元鬼北町・松野町の地域食材や魅力を再発見するために「市場調査」を松野町道の駅にて実施しました。松野町が町おこしとして「BBQ」に力をいれているため、松野町の食材を生かしたソースの開発を目的にしています。

 

大きな方向性だけ検討し、自分たちの考えと似た食材や生かせるものは何だろうかと考え、意見を出し合いました。

松野町で生産・加工された商品がたくさんあり、食材を知ること以外にも松野町の魅力を再確認することができました。

今日の「市場調査」を生かして、今後の活動に取り組んでいきたいと思います。

生産食品科の風景

3年生「特産品開発」の授業で、6月に行われる連携学習の準備をしました。

準備とは、道具の準備ではなく、実際に試作し、要点を整理して小学生にわかりやすくかつ、安全に連携学習を行うために行いました。

   

材料を計量し、丁寧に攪拌しながら、加熱していきます。加熱の際に児童・生徒が火傷しないかなど、必要事項を確認しながら行いました。

  

出来上がったものをペットボトルに注入して蓋をすれば完成です。

これが「手作りカルミン」です。販売している製品とは少し違った作り方をしていますので、少し味も違うかもしれません。また、地域のイベントなどでは「カルミン」も販売しているときもありますので、みなさん是非とも見かけた際には購入してみてください。1本400円です。