校長室より

生徒が育てた野菜

 

写真は、生徒が本校で育てた野菜です。我が家で育てているミニトマトよりはるかに大きく、おいしいトマトでした。また、パプリカとピーマンも売り出されており、購入しました。色つやもよく、とても立派です。

最後の写真は、生産食品科1年生の、農業情報処理の考査の様子です。生徒たちはみな、新しい学習にどんどんチャレンジしています。

トマトの生長と、ピザパン

ベランダで育てているトマトが赤く色づき、ついに食べられるくらいになりました。学校で作られているトマトと比べると、やはり味が落ちる気もしますが、毎日水をやって育てたトマトの味は、格別のものです。しばらくは、実がいくつも付きそうなので、楽しみです。

生徒が試作したピザパンをいただきました。よく工夫していると思います。とてもおいしかったです。

トマトの生長と、和菓子「アマビエ」

 我が家のトマトは、先週の写真と比べると、1週間でかなりの生長を見せています。実も大きく赤くなっているのがわかります。もうすぐ食べてみようと思います。

 後半の写真は、「北宇和高校日記」にも記載されていますが、生産食品科の生徒が「アマビエ」に模した和菓子の製作に取り組んだ実習の様子と、できあがった「アマビエ」の写真です。上手に作るものだと感心しています。教えてくださった「えひめマイスター」の平井先生、ありがとうございました。

トマトの生長と、あじさいもち

 4月に北高で、トマトの苗を買って、ベランダで植えています。あっという間に、写真のようにかなり生長し、実がつき始めました。まだ青い実ですが、赤くなるのを楽しみにしています。

 生産食品科の生徒が試作した「あじさいもち」をいただきました。よく見ると、あじさいに似た色がほんのりついているのがわかります。とてもおいしかったです。生徒の成長をうれしく感じています。

学校評議員会並びに学校関係者評価委員会

5月28日(木)、学校評議員会並びに学校関係者評価委員会を実施しました。委員の皆様には、各部署で、コロナ対策をはじめ、大変御多用な中、北宇和高校においでいただき、様々な角度からの、多くの御助言・御指導を賜りました。ありがとうございました。

写真は、その時の様子です。午前中に、生産食品科の生徒が試作した桜餅をお持ち帰りいただきました。

ミニトマトの生長

4月に本校の農場で購入したミニトマトの苗を、ベランダで育てています。左は4月27日、右は5月13日の生長の様子で、最近は気候もよく、あっという間に、大きく育っています。

おいしいトマトにするために、もう少し手を入れようと思っています。

分散登校の開始にあたって(3年生へのメッセージ)

 臨時休業中は、外出の自粛や手洗いうがいなど、感染防止に努めながら、課題に取り組んでくれていたことと思います。今日、全校生徒がそろってということにはなりませんでしたが、皆さんと会えたことをうれしく思います。


 既に連絡しているとおり、県立高校では、今日から学年別の分散登校を開始し、25日からの全面的な再開を目指すこととなりました。このあと、地域で新たな感染事例が頻繁に起こったり、感染の拡大が強く懸念されたりする場合は、再開時期の見直しや休業措置などの対応がなされる可能性があります。


 始業式でもお話ししたとおり、現在の最優先の課題は、感染防止です。このあとの先生方からの話をよく聞いて、この課題を克服できるよう、先生方と一緒に生徒全員で取り組んでいきましょう。

 

 私からは、感染防止と、学校再開に向けて、全体的なお願いをします。

①引き続き、毎朝、体温を測ってください。発熱や咳など、風邪の症状がある場合は、登校を控えてください。登校に不安がある場合は、先生方に相談してください。

②手洗いやうがい、咳エチケット、マスクの着用など、うつらないように自己防衛を心がけるとともに、うつさないよう周りに配慮してください。マスクの種類はどんなものでもかまいません。

③25日以降の再開を目指しています。引き続き、不要不急の外出は自粛してください。やむを得ず外出するときは、密閉、密集、密接の状況を避けてください。学校で、もっと友達と話をしていたいと思うかもしれませんが、学校の時程が終わったら、速やかに家に帰りましょう。

④教室でもできる限りの対策をしています。スイッチや入口の取っ手など、共用部分は担任の先生が1日一回消毒をしてくれます。意識してこまめに換気をしてください。教卓の前には、ビニールシートを取り付けました。先生方も授業をしにくいと思います。生徒の皆さんの協力が必要です。

⑤部活動は、当面の間、実施しません。学校再開後、安全な活動からできるように考えたいと思います。


 今年は、県総体が中止になりました。特に運動部の生徒は、目の前の目標がなくなり、本当につらい思いをしていると思います。顧問の先生方からもお話があると思いますが、私からは、特に3年生にお願いをします。

 今回のことで、3年生にどんな言葉をかけたらいいか、本当に難しいことだと思っています。でも、県総体は中止になりはしましたが、皆さんが、日ごろ、仲間や先生方と続けてきた努力が価値を失うわけではありません。そして、皆さんには、大きな役割があります。それは、北高の伝統をつないでいくということです。先輩たちがやってきたこと、自分たちがやってきたことを、技術の部分も、心の部分も、後輩たちに多くのことを教えてあげてほしいと思います。「築き創り繋ぐ北宇和高校」この経験ができるのは、今年の3年生しかいません。どうか、この難しいことに取り組んでください。


 最後に、愛媛県では、コロナウイルスの全く新しい感染事例は、4月21日以降発生していません。臨時休業中も、みんなよく頑張って多くのことを自粛したと思います。でも、油断はできません。臨時休業中に、鬼北町に関連する感染事例が出たとき、私たちには緊張感が走りました。いつ、あのときのような事態になるかわかりません。ですから、感染防止のために、できるだけのことをして、この状況を乗り切りましょう。

 引き続き、ストレスがたまる状況が続くかもしれませんが、コロナウイルスにかからないよう、うつさないよう、そして、25日から学校が再開できるよう、みんなで一丸となり、他人に対する思いやりを忘れずに、笑顔で、日常生活を送っていきましょう。

松浦宗案のこと

 

 臨時休業で、自宅で過ごしているみなさんに、北宇和高校に関係の深い「松浦宗案(そうあん)」についての話をしようと思います。

 

 北宇和高校では、卒業式前日の表彰式で、松浦宗案賞という賞を授与しています。この賞は、農業の学習に特に顕著な成績を収めた生徒に贈られるものです。


 松浦宗案は、世界最古の農学者と言われていて、資料によると、今から約500年前の1519年生まれで、三間町の大森城主に仕えた家老だということです。当時は、室町時代で、その頃、1000品目以上の農作物の取扱い方と農業技術と改良の方策をまとめた書物を残しています。今から500年も前に、農業生産の知識を広めた人は、世界的にも例がありません。


 北宇和高校では、そういった地域の先人の名前を賞にして、松浦宗案の教えを伝えていこうとしているのです。

 

 左の写真が、校長室に飾られている松浦宗案の肖像画です。右の写真は、今年の北宇和高校の野菜苗販売で買ったミニトマトを、私の家のベランダで育てているのですが、その成長の様子です。毎日、水をやりながら、実がなるのを楽しみに待っています。

4月17日(金)臨時休業にあたって(校長講話)

 昨日、新型コロナウイルス感染症に関して、緊急事態宣言が全国に出されました。これまでは東京や大阪などの感染拡大地域に出されていた緊急事態宣言が全国に拡大され、愛媛県の県立高校でも一斉に臨時休校することになりました。中予の高校や、南予の高校も一部、既に休校となっていましたが、北宇和高校も、来週4月20日(月)から連休が終わる5月6日(水)まで、休校することとします。4月18日、19日も、臨時休校と同じつもりで、行動してください。


 今のところ、愛媛県の感染状況に大きな変化があるわけではありません。生徒の皆さんは、この緊急事態宣言や臨時休校に慌てることなく、事態を冷静に受け止め、しかしながら、今まで以上に緊張感をもって感染予防に取り組みましょう。

 

 4月8日に学校が再開され、1週間あまりで、また臨時休校になったことを残念に思う人もいると思いますが、この休校の意味をよく考えて、コロナウイルスにかからないよう、移さないよう、モラルとマナー、人を思いやる心、他者感覚のある行動をとってください。休業中や学校再開後の詳しいことは、このあと、担当の先生方や、ホームルームでもお話があると思います。先生方の話をよく聞いて、高校生らしい振る舞いをお願いします。

 

 私からは、始業式や入学式と同じように、もう一度、感染拡大防止についてお願いします。
1 臨時休業中も、毎朝、体温を測って、体調管理に努めてください。
2 うがい手洗いを心がけ、咳エチケットや、マスク着用など、知らないうちにかかっている、知らないうちに移している、そんなことがないように心がけてください。
3 不要不急の外出は避けてください。それでもやむを得ず外出しなければならないときは、密閉、密集、密接の状況を避けてください。
4 家庭でも、換気、空気の入れ換えを心がけてください。
5 部活動は、引き続き、実施しないでください。
6 臨時期間中の連絡は、ホームページで行います。先生方から電話することもあります。

 特に、部活動については、3学年そろって早く活動したいと思っている人も多いと思います。我慢させてしまうことを申し訳なく思いますが、感染拡大防止のための臨時休校ですから、理解してほしいと思います。

 

 このあとの先生方からの話をよく聞いて、臨時休校中も健康に気を付けて過ごしましょう。再開後に、また、全員、元気で会えるのを楽しみにしています。

令和2年度入学式

 

 

入学式 式辞

 

 本日、御来賓の皆様の御臨席を賜り、保護者の皆様の御出席の下、令和二年度愛媛県立北宇和高等学校の入学式を挙行できますことは、私たち教職員一同にとって、大きな喜びでございます。


 ただ今、入学を許可いたしました、九十一名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。皆さんの入学を、心から歓迎いたします。皆さんは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、学校に来られない日々が続きました。高校入試も卒業式も、今日の入学式も、いろいろな対策をして臨んできたことと思います。


 こんなときだからこそ、私たちは、2年生も3年生も、教職員も、皆さんの入学を心待ちにしていました。新入生の皆さんとともに、力を合わせて、北高の目標「築き創り繋ぐ北宇和高校 さらなる高みへ」の実現に向け、いっそう頑張っていきたいと願っています。


 皆さんに、北高生として身に付けてほしいこと、それは、他者感覚、つまり、人を思いやる心です。お互いに認め合い、協力しながら目の前の問題解決に取り組んでほしい。そして、もう一つは、挑戦する心です、皆さんが「さらなる高み」へ行くために、まず目標を持ち、挑戦する、チャレンジする心を育ててほしいと思います。


 入学式に当たって、もう一つ伝えたいことは、コロナウイルスに皆さんがかからないように、移さないようにすることです。そのために、皆さんにお願いをします。毎朝体温を測って来てください。熱がある場合や体調が悪いときは学校を休んでください。うがい手洗いを心がけ、人が集まる場所では、マスクを着用してください。密閉、密集、密接の状況を避けてください。教室では換気をしてください。できる限りのことをして、感染拡大を防ぎ、この状況を乗り切りましょう。皆さんの自覚ある行動に期待します。

 

 今日の晴れの日に、このようなお願いをすることを心苦しく思いますが、感染拡大防止は、今の学校における最優先の課題です。どうか、お許しいただき、保護者の皆様には、御協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

 保護者の皆様、本日は、誠におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。私どもは本日からお子様をお預かりし、三年後には、たくましく成長した姿で地域や社会に送り出したいと考えております。そのためには、学校と家庭とが互いに連携し、協力していくことが大切です。御家庭におかれましても、学校の様子を聴いていただきながら、お子様の成長を見守っていただきたい、と存じます。

 

 本日御出席の皆様、改めまして、本校の教育活動に対する御理解と御支援を賜りますよう、お願い申し上げますとともに、新入生一人一人の成長を期待して、式辞といたします。


 
令和二年四月八日
愛媛県立北宇和高等学校長 沖田浩史