2020年9月の記事一覧

交通安全教室(北宇和高校)

9月23日(木)5・6時限目、1年生は、交通安全教室を受講しました。宇和島警察署交通課の警察官を講師に、自転車に関係する、事故の事例や鬼北町内の通学路の危険個所などをスライドを用いて説明され、DVDによる自転車の安全な乗り方の講習が行われました。さらに、自転車シミュレーターによる実技が行われました。講師の警察官の皆様、御指導ありがとうございました。今後も、交通安全に尽力していきます。

 

新聞記事

9月21日(日)付け愛媛新聞第8面に本校生徒の活動が紹介されていたので転載して紹介します。

掲載許可番号:d20200923-08

地域住民対象開放講座②

8月29日(土)、北宇和高校で、地域住民対象開放講座が行われました。今年度、第2回目となる今回は練り切りを8種類作りました。

同じ材料を使っても、作り手により形が異なるからこそ面白いのです。そこに上手下手は関係ありません。

新型コロナウィルス感染防止のため、マスク着用での実施となりましたが、指導役の生徒も少しでもわかりやすくとの思いがマスクを通しても感じることができました。普段の学習だけでは身に付けることのできない大きな自信を着実に身に付け始めている生徒にうれしさを感じています。

次回、9月26日(土)は菓子パンの製造を行います。

 

近永駅周辺賑わい創出プロジェクト 北宇和高校生まちなか視察

8月29日(土)、鬼北町役場にて「近永駅周辺賑わい創出プロジェクト 北宇和高校生まちなか視察」が行われました。

この企画は、9月下旬からいよいよ始まる「近永駅周辺賑わい創出プロジェクト」を前に、全校生徒のうち鬼北町出身の生徒は約45%と意外と少ないことから、まちなかの現地見学を通して、ワークショップの気運を高めてほしいとのねらいで開かれたものです。

当日は暑い中、鬼北町役場企画振興課の中川さんにお世話になり、近永駅、近永商店街、アエレールきほく、町が整備している空き店舗の他、普段はゆっくり目にすることのない鬼北町役場の議事堂のステンドグラスも見学させていただくなど、充実した時間を過ごすことができました。

今年も、地域の方々とのワークショップを楽しみにしています。地元、鬼北町を思う気持ちは私たち高校生の生き方・在り方にもつながっているように考えています。