2020年6月の記事一覧

鬼北町長訪問(アマビエ)

6月18日(木)生産食品科3年食品類型選択生は、前日の和菓子講習会で習った練り切りの「アマビエ」を作り、それを代表者5名が、鬼北町役場に持って行きました。町長室で、兵頭町長に渡すことができました。

この「アマビエ」は医療従事者の方に渡していただくことができました。ありがとうございました。

 

 

6月25日(木)連携学習(北宇和高校と近永小学校)

6月25日(木)生産食品科3年生食品類型選択生は、近永小学校5・6年生と連携学習を行いました。

6年生は、パンの製造で、メロンパン、さつまいもパン、ウインナーパンを作りました。

5年生は、カルミンの製造で、乳酸飲料のカルミンを作りました。

高校生は、小学生に適切に指導して、コミュニケーションを取りながら、楽しく実習することができました。

近永小学校の皆様、このような貴重な機会をありがとうございました。

近永駅周辺にぎわい創出イベントのお知らせ

6月24日(木)~7月26日(日)

「きほくの笑顔がいっぱい写真展」開催中です喜ぶ・デレ@鬼北町展示交流施設アエレールきほく

本校写真部の生徒が知事賞を受賞した作品も飾っていただいておりますキラキラ

7月11日(土)は、「近永駅周辺にぎわい創出イベント」として、北宇和高校の農産物販売、吹奏楽部演奏、ポニーとのふれあい体験等を行います星

みなさんぜひお立ち寄りください音楽

左の写真は、知事賞受賞作品です。右の写真が、生徒作成のイベントポスターです。

   

                            

和菓子講習会(アマビエ)

6月17日(水)生産食品科3年生食品類型選択生は、和菓子の講習会を受講しました。

今回は、練り切りを使った和菓子の製造を学び、話題の妖怪「アマビエ」を模した和菓子を作りました。えひめマイスターの平井先生、御指導いただき、ありがとうございました。

連携学習(三島小学校)

6月11日(木)、生産食品科3年、食品類型の生徒は、三島小学校の児童と連携学習を行いました。

小学生は学年ごとに、メロンパンづくりとカルミンづくりに分かれて、高校生の指導の下、楽しく

実習を行いました。

えひめマイスターによるパン・和菓子の実技指導始まる!!

北宇和高校生産食品科で、食品製造に関する本物の技術を学びませんか!!

今年も、パン職人と和菓子職人のお二人の先生にそれぞれ年間10回来校いただいての外部講師による実技指導が始まりました。

「生産食品科食品類型に入れば、何ができるようになるの?」という質問に対して、私たち教員は自信をもって、「パン製造と和菓子製造の知識・技術の基礎・基本をしっかり身に付けることができます。」と胸を張って伝えることができます。そういう私たちも日々勉強しています。おそらく、一番勉強になっているのは、私たち教員なのかもしれません。外部講師に頼るだけではなく、指導する側の教員も一緒に教わり、中には“技能士”の資格を取得した教員もいます。

職人の知識・技術を見ることで、将来の進路にもつながります。

まだまだ学校が再開したばかりで新型コロナウイルス感染拡大防止に細心の注意を払いながらの実習ですが、生徒たちも楽しみにしていた外部講師による講習会を始めることができるようになったことは大きな前進となったように思います。

今回、2年生は菓子パン、3年生は桜餅製造を行いましたが、何度も実習を重ね、自分のものとし、地域の方々に開放講座等を活用し、還元していきたいと考えています。