鬼北桃まつり 町なかを飾る花・石びな作り初日を迎えました

3月10日(水)、アエレールきほく横にある旧あかまつでは、鬼北桃祭(まつり)用の町なかを飾る花、石びな作りの初日を迎えました。

本校生も美術部員を中心に大勢協力してくれ、急きょ椅子を追加するほどの盛り上がりの中、飾り花作りと石びな作りに分かれて順調に作業がスタートしました。

最初は緊張気味だった生徒も、地域の方の温かみのある会話の中で話が弾み、校内では味わうことのできない貴重な体験をすることができました。

地域住民が大勢集まる中に高校生が混じり同じ場所で同じ時間を過ごすことで生まれる地域の方との一体感の中で、これこそが地域が求めている住みよいまちづくりにつながっているように思えてなりませんでした。

18日まで準備は続きます。これからどのように生徒の気持ちが変化するか楽しみで仕方ありません。