地方創生・学校魅力化の取組

えひめ地域づくりアワード・ユース2020 審査員特別賞受賞(北宇和高校)

2月13日(土)、テクノプラザ愛媛にて「えひめ地域づくりアワード・ユース2020」の最終審査及び表彰式が行われました。

最終審査5校に選ばれた本校は、地方創生広報委員会のメンバー3名(3年 池田あゆみさん、坂本聖菜さん、2年 節安萌未さん)が、高校生による「学校の独自性」を生かした地域連携と題し、これまでの2年間の取組をスライドと動画を交えながら堂々と発表してくれました。

審査の結果、審査員特別賞を受賞することができ、今後の励みになったように思います。

これからも、学校・地域住民・行政が一体となった取組を進めていきたいと考えています。

 

えひめ地域づくりアワード・ユース(新聞記事)

2月14日付愛媛新聞第7面に、本校の地方創生・広報委員会が、「えひめ地域づくりアワード・ユース」において、審査員特別賞を受賞した記事が掲載されていたので、転載して、紹介します。

掲載許可番号:d20210215-05

 

雷漬(かみなりづけ)販売

1月30日(土)、北宇和高校生産食品科1年生は、展示交流施設アエレールきほくにおいて、雷漬の販売実習を行いました。

今回は、普通の雷漬と、赤色の幸雷漬(こうらいづけ)の2種類を販売しました。購入していただいた皆様、ありがとうございました。

馬術部試乗会(北宇和高校)

12月23日(水)馬術部は、玄関前で、ポニーカートによる、サプライズの試乗会を実施しました。さくら保育所の園児18名にも参加してもらいました。園児たちは、はじめは、恐々でしたが、楽しく乗っていました。最後には、園児から歌のプレゼントもあり、温かい気持ちになりました。ありがとうございました。

親子ふれあい開放講座(北宇和高校)

12月19日(土)食品類型選択生は、親子ふれあい開放講座を行いました。今回が最終回で、クリスマスケーキを作りました。

密にならないように、2部屋に分かれて実施しました。世界に一つしかないクリスマスケーキが出来上がりました。

家庭クラブ 福祉施設訪問

12月18日、優愛の里と南愛媛療育センターに訪問させていただきました。

毎年12月に、1年生生産食品科・吹奏楽部が訪問し、交流会を行っていましたが、今年は感染症拡大防止のため、家庭クラブ役員の代表者が職員の方に贈り物をお渡しする形で実施しました。

会ってお話できないことはとても残念ですが、来年こそは交流会ができることを心から楽しみにしています。

 

   

防災避難訓練、未来の消防団加入促進事業

12月15日(火)、第1回防災避難訓練を実施し、続いて、未来の消防団加入促進事業を実施しました。

避難訓練では、火災を想定して、今回は体育館に避難しました。

未来の消防団確保推進事業では、鬼北町・松野町の消防団と女性消防隊、担当職員の方が来校され、開会挨拶、「人を守る、地域を守る~ふるさと愛媛を守る消防団~」DVD上映、消防団の活動紹介・報告、閉会挨拶がありました。

この事業により、消防団の活動内容を知ることができましたので、将来の消防団員が増えることを期待します。

 

合同加工研修会

12月12日(土)生産食品科の食品類型の生徒は、鬼北地区生活研究協議会の合同加工研修会に参加しました。

生徒が講師となり、鬼北町、松野町の生活研究協議会の会員の方に、酒まんじゅうとかるかんの作り方を一緒に実習しました。楽しく実習することができました。企画、運営された関係の皆様ありがとうございました。

第3回親子ふれあい開放講座

11月14日(土)、第3回目となる親子ふれあい開放講座を行いました。今回はおはぎ、みたらし団子、どらやきの製造といった和菓子製造を行っていただきました。

大人は、お母さま方を中心に、おはぎ3種類(きなこ、つぶあん、こしあん)合計280個を1時間もかからず、あっという間に完成させてしまいました。

子どもは、みたらし団子、どらやきづくりに四苦八苦しながらも興味をもって最後まで作っていたのが大変印象的でした。

人それぞれ作った形や大きさは異なりますが、それはそれで親子の話のタネになったことでしょう。

次回は12月5日(土)にピザパン、クロックムッシュ等の製造を行います。

 

ヤング3S運動(北宇和高校)

11月20日(金)宇和島駅前において、非行防止ヤング3S運動花植えが行われ、本校の3年生2名が参加しました。

他校の生徒ともに、駅前の花壇にパンジーの苗を植えました。草花班なので、手際よく、植えていき、担当の花壇だけでなく、他の場所にも、たくさんのパンジーを植えることができました。宇和島駅を利用する際は、生徒が植えた花壇を見てください。