カテゴリ:総合的な探究の時間

巣立ちの教室(3年)

13日(木)に、鬼北町保健介護課から6名の保健師の方々にお越しいただき、3年生の各教室で「巣立ちの教室」を実施しました。

卒業後の一人暮らしに向けて、かしこく選んで食べること、お酒とのつき合い方や断り方、ストレスへの対処の仕方など、健康管理や安全管理において注意すべきことを確認しました。

卒業後は自由な生活ができる一方で、様々なトラブルに巻き込まれる危険性も大きくなります。安全・安心な一人暮らしのために、「巣立ちの教室サポートブック」を上手に活用しながら自己管理をしっかり行い、自分の心と体を守っていってほしいと思います。

消費者支援講座(3年生)

6日(木)、3年生106名を対象に、消費生活相談員協会から遠山利恵子様を講師に迎えて、消費者支援講座を開催しました。消費者トラブルに遭わないために、有効な講義を受けました。ありがとうございました。

2年生思春期教室

2年生89名を対象に、北辰館にて思春期教室が行われました。山内産婦人科の助産師である植村礼子先生にお越しいただき、『性とは心が生きること』をテーマにお話していただきました。助産師としてのこれまでの経験談や、クイズを交えての講演を聞くことができ、生徒たちは命の大切さについて、より深く学ぶことができました。

植村先生のお話の中で、『私たち人間が生まれてくる確率は、250兆分の1という奇跡的な確率で生まれる』という言葉が大変印象的でした。他者感覚を大切にし、相手を思いやることができる生徒でありたいと思います。

 

1年生 人権教育(デートDV)講演会

6限目ホームルームの時間に宇和島市人権擁護委員協議会の方8名に

来ていただいて、デートDVについて学習しました。

○相手の立場を考える

○対等に意見を言い合える

○相手の意思を尊重する

など、異性との間や、いろいろな生活の場面で

気持ちの良い人間関係を作ること、支え合い信頼できる人間関係

を作ることの大切さを理解することができました。

宇和島人権擁護委員協議会の皆さん、ありがとうございました。

 

  

 

課題研究発表会

生産食品科3年生が1年間取り組んできた研究を発表する場となりました。来年度から課題研究を控える2年生も真剣な表情で各専攻班の取組を聞いており、次年度に向けた計画を立てる良い機会となったようです。

課題研究は、地域の農業に関する諸課題に対して、生徒自らが考え、具体的な解決策を探る主体的・対話的で深い学びにつながる科目です。1年間の研究活動を通して、パワーポイントなどの視聴覚機器を使いこなし、堂々と発表する姿に生徒の成長を感じました。

次年度も、よりよい活動を各専攻班で行い、地域に根付いた農業教育を実践していきたいと思います。